注目すべきIoT関連株

最近のIT業界のトレンドはIoTです。IoTとは「モノのインターネット」を意味し、電子機器だけでなく、あらゆるものがインターネットと接続することで、ネットを通してデジタル化された情報を伝達するようになります。それにより、離れた場所の環境を知り遠隔から調節できるようになったり、それ以外にもモノの動きや位置を知ることができます。まだ始まったばかりで活用事例は少ないですが、これによりいっそう生活が便利なることが期待できます。

一方、株式市場にもIoT関連の銘柄に注目が集まっており、この技術への期待の膨らみが伺えます。株式投資に向いている関連株を一部紹介します。

・メディカル・データ・ビジョン
膨大な量の患者データとICTを活用し、遠隔医療に取り組む活動をする企業です。ビッグデータ分析によって、地方の医者不足問題へのアプローチを行うことが期待できます。

・テクノスジャパン
人工知能技術である深層学習(ディープラーニング)を用いた技術開発を行っており、これにより自動車、重機等の自動運転などの実現が期待できます。

・ユビキタス
農業の人手不足を解消するため、自動運転農機の開発を行っています。さらには高精度位置測位(GNSS)を得意とする企業と提携したことにより、位置情報を活用したIoT技術の開発体制が強化されることが予想されます。

以上、主なものを紹介しました。技術力や時代のニーズに合ったサービスの開発をしているかをチェックすることも大切ですが、株価がどれだけ伸びしろがあるかを見て、タイミングのいい時に買うのがよいかと思われます。また、上記以外でもIoT関連の分野に取り組もうとしている企業があり、それが金の卵を産む可能性があるため、IoT関連の株式投資からは目が離せません。

注目すべきオリンピック株

日本では2020年に東京オリンピックの開催が決まっています。東京オリンピックに向けては、様々なインフラを整えるといった需要が生まれてくることになります。そのため、2020年にかけては、オリンピック需要で業績が高まることが見込まれるオリンピック株に注目をする必要が出てきます。

オリンピック株として、まず建設関連株が挙げられます。建設関連株としては大手のゼネコンや、高速道路や橋などを建設する専門業者などがオリンピック開催の恩恵を大きく受ける可能性があります。大手のゼネコンでは、今後はオリンピックの会場を建設する特需が生まれてくることになります。また、オリンピック会場周辺のインフラを整備する建設需要も起こってくる期待があります。そのため、大手のゼネコンを中心とする建設関連株は、今後の数年は注目ができると考えます。

次に考えられるオリンピック株としては、宿泊・ホテル関連株が挙げられます。日本ではすでに海外からの観光客の増加によって、宿泊できる施設が足らなくなっている状況があります。さらにオリンピックでは海外からの宿泊需要が高まるため、早急に宿泊施設を増やす必要性が出てきます。したがって、ホテルなどの運営会社や民泊を推進する業者は、今後もオリンピックに向けて施設の増加によって業績の拡大が見込めると考えます。

そして交通関連株も建設関連株、宿泊・ホテル関連株に並んでオリンピック株として挙げられます。交通関連株としては、空港から都心を結ぶ鉄道会社がオリンピックの恩恵を受ける可能性が出ています。オリンピックに向けて、海外からの観光客が増えると移動手段としては鉄道が多く使われるようになってきます。したがって、都心の鉄道会社はオリンピックの影響で客数が増加する期待があると考えます。

注目すべき自動運転株

個人投資家が株式投資をする場合、テーマ株を考えてみるのは一つの方法です。テーマ株とは、ある一つの企業や業界だけを考えるのではなく、今後成長が見込まれる様々な新技術を考えながら、それに関連するような企業はどんな業界のどんな会社かを考えることです。ある意味で将来を予測することになるわけですから、学際的、俯瞰的な物の見方、考え方が必要になり、簡単なことではありませんが勉強にはなります。

そのようなテーマ株はまず自分で考えるべきものですが、例えば自動運転関連株はその一つと言えるでしょう。
自動運伝とは、クルマを人の手によらず、コンピュータ装置により自動的に運転させる技術のことを言います。現時点ではまだ実用化に至っているとは言い難い状況ですが、研究開発は急速に進んでおり、次世代のクルマと考えられています。クルマを人の手によらず、自動的に運転させるにはどのような未来技術が必要でしょうか。少し考えて見て下さい。

別に難しく考える必要はありません。人間のドライバーがやっていることを考えてみれば良いのです。まず、クルマの置かれた周囲の状況を把握しなければなりません。人の目や耳に相当する機能が必要です。これは各種センサーやカメラなどであり、縦列駐車をアシストしてくれる車載カメラなどは今でも十分実用化されています。
また、実際にアクセル、ブレーキやハンドルを操作しなければなりません。人の手や足です。操作そのものは機械的なものであり、おそらく大した困難はないでしょう。
当たり前ですが最も難しいのはこの2つを繋ぐものです。人の頭に相当するもので、周囲の状況を適切に判断し、手や足に命令を出さなければなりません。これはコンピュータやソフトウェアが行うところです。

このように考えながら、成長が見込まれる会社とはどのような会社かを考えることがテーマ株の第一歩です。

自動運転関連株の情報が豊富な個人投資家のブログ

注目すべきバイオ株

ここ数年の日本市場では、過去と比較して大きな変化が現れてきています。これまでは、トヨタ自動車や電力会社、電機大手や鉄鋼、建設などの主力銘柄を中心に取引が行われてきましたが、ここ数年は、IT関連銘柄を中心とした新興系の銘柄に個人投資家の人気が集中する傾向が高まっています。そうした新興系の銘柄群の中で、とりわけ注目を集めるのが、バイオ関連株となります。

バイオ関連株が注目されるようになってきた発端は、アメリカ国内で議論が活発化している資源エネルギーの枯渇問題が大きいでしょう。石油や天然ガスといった資源エネルギーの想定埋蔵量を考慮すると、今後の持続性に疑問が浮んできます。特に石油資源に関しては、いつ枯渇してもおかしくないとまで言われるようになってきました。また、こうした資源エネルギーを使用する際に発生する二酸化炭素が、地球温暖化を助長していると指摘する意見もみられ、石油や天然ガスに取って代わる代替エネルギーの模索が加速しています。

アメリカの経済政策のおおまかな方向性として、エネルギー資源の脱・石油化を目指す議論が活発化してきています。これまで石油の代わりと目されてきたシェールガスも、採掘時の環境破壊(水圧破砕法での水質汚染)や地震の誘発などの諸問題が露呈してきたため、これに変わる新たなエネルギー資源を探しだす必要性に迫られているのです。

このような背景から注目を集めているのが、バイオ・エネルギーなのです。バイオエネルギーについては世界各国の研究機関が研究開発に取り組んでおり、資源エネルギーよりも持続性が有り、原子力よりも安全性が高いとして、近い未来の主力エネルギー源として早期に実用化されることが期待されています。日本国内を見てみると、ミドリムシを原料にした健康食品(サプリメント)を手掛けるユーグレナが、バイオ関連株の筆頭と言えます。ユーグレナは、全日空やいすゞと協力し、ミドリムシを原料とするジェット燃料の実用化に向けて大型プラントを建設、2020年を目処に実用化する計画で事業を進めています。

こうしたエネルギー分野の他にも、製薬会社などでも再生医療を中心に、タカラバイオなどの銘柄が人気を博しています。

バイオ関連株に関しては特許や臨床試験の結果、実用化への道筋の発表など、ちょっとした材料で大きく値が動くことが多いので、ボラリティーが非常に大きく、この値動きの大きさが個人投資家を惹きつける一つの要因となっています。

バイオ関連株の分析が得意な投資顧問の評価・評判

注目すべきドローン株

株式投資を行う際には、まずはどの銘柄の株式を購入するのかということを選択しなければなりません。
個人投資家は、そのためにテーマ株という観点に立って株式の銘柄を選択することがありますが、テーマ株とは分かりやすく言うと、ある事業を行っている会社に絞って株式を選ぶということです。
つまり、ある事業のテーマに絞って株式投資を行うことを指すわけですが、そのようなテーマ株の中でも現在注目を集めていますのがドローン関連の銘柄です。

なぜテーマ株の中でドローン関連の銘柄が注目されているのかというと、現在宅配業界においては、これまでの一般的なトラック輸送のほかにも、ドローンによって荷物を運ぶという計画が予定されているからです。
実際にドローンで宅配事業を行うための法整備などもされ始めているだけではなく、ドローンを開発するドローン関連の会社においても、宅配ができるドローンの開発に着手している現状があります。

このような状況から、個人投資家が株式投資を行う際にはテーマ株の中でもドローン関連の銘柄に注目しているという現実があるわけです。
これから先、宅配事業においてドローンの実用化が活発になれば、ドローン関連の会社は躍進することが期待できるため、個人投資家がテーマ株のドローン関連の銘柄に投資を行うことによって、ますますドローン関連の銘柄は注目を集めることは間違いありません。

このように、個人投資家も株式投資においてドローン関連の株は無視できない状況になってきているのは確かですから、テーマ株を選択するときはドローンを開発している会社も株式投資の選択肢のひとつになります。

ドローン関連に強い投資顧問の口コミを確認。

注目すべきフィンテック株

株式投資をおこなっている個人投資家が注目しているテーマ株として、フィンテック関連の株式があります。
フィンテック関連の株式は、今後さらなる期待が持てることは確実ですから、個人投資家が株式投資の対象としてフィンテック関連をテーマ株のなかに入れているのは確かだと言えます。

なぜフィンテック関連の株式が注目されているのかと言いますと、インターネット技術の発達により、金融の動きがインターネット上まで及んでいる現実があるからです。
具体的には、電子マネーや電子ポイントなどがインターネット上で普及している状況にともなって、お金の動きがインターネット上でも活発になってきていますので、フィンテック関連の株式が個人投資家にとって株式投資の対象になっている現実があるわけです。

このような実態を踏まえたうえで、個人投資家がテーマ株に株式投資をおこなうときに、フィンテック関連の銘柄に注目するというのは自然なことだと言えます。今後の将来において、フィンテック関連の会社は個人投資家にとって株式投資の対象になっていきますし、そのことによって会社の規模や事業の数も増えていくことが期待されることから、フィンテック関連を対象とした株式投資というものは、個人投資家にとって魅力的なテーマ株であることは間違いありません。

個人投資家にとって、利益が期待できるテーマ株に株式投資をおこなうのは当然のことですから、これからもテーマ株のひとつとしてフィンテックが選ばれることは確かだと言えます。

いずれにしても、個人投資家が注目している株式投資対象であることは間違いありませんので、このようなテーマ株を知っておくことは有意義なことだと言えます。

注目すべきLINE関連株

LINEもついに東証に上場が決定するなど、LINE関連株に関するテーマ株の動向が株式投資をする個人投資家の間でもにわかに注目を集めています。LINEは様々なサービスを展開しており、それに携わる企業の株はLINEの行方に大きく左右されます。例えば、占いコンテンツを提供する企業はいくつかの無料占いサービスを提供するだけでなく、有料サービスにも力を入れ始めています。LINEでこうしたコンテンツの提供をしていることを知ったユーザーがそれを入り口に顧客となることもあるため、LINEが好調となればそれに比例してこうした企業も同じような株の動きをするということが増えます。

LINEで提供されているパズルゲームなども同様です。今では様々なゲームが遊べるようになっており、ユーザー同士がゲームで遊ぶために必要なライフをボタンを押して支えあうという制度が取られていたり、友達のベストスコアが表示され、切磋琢磨しやすい環境を整えることでパズルゲームなどに積極的に取り組んでもらうような仕組みが採用されています。全世界で広まり、結果としてスタンプなども発売され、その収入も結構あることから業績を高めることに大きく貢献しています。

1社だけが頑張っているということではなく、多くの企業がLINEを利用し、そこで新たなサービス、システム、ソフト、コンテンツを開発し、成功させることでLINEの業績アップにつながるだけでなく利用率の向上、滞在時間の長期化につながり、LINE関連会社すべてにその恩恵が行き届くシステムになっています。だからこそ、LINEの動向、そして、LINE関連会社、LINE関連株に注目が集まることになるのです。

こうしたテーマ株の情報をキャッチするためには、投資顧問(投資顧問とは?)の無料情報を活用すると良いでしょう。