注目すべきオリンピック株

日本では2020年に東京オリンピックの開催が決まっています。東京オリンピックに向けては、様々なインフラを整えるといった需要が生まれてくることになります。そのため、2020年にかけては、オリンピック需要で業績が高まることが見込まれるオリンピック株に注目をする必要が出てきます。

オリンピック株として、まず建設関連株が挙げられます。建設関連株としては大手のゼネコンや、高速道路や橋などを建設する専門業者などがオリンピック開催の恩恵を大きく受ける可能性があります。大手のゼネコンでは、今後はオリンピックの会場を建設する特需が生まれてくることになります。また、オリンピック会場周辺のインフラを整備する建設需要も起こってくる期待があります。そのため、大手のゼネコンを中心とする建設関連株は、今後の数年は注目ができると考えます。

次に考えられるオリンピック株としては、宿泊・ホテル関連株が挙げられます。日本ではすでに海外からの観光客の増加によって、宿泊できる施設が足らなくなっている状況があります。さらにオリンピックでは海外からの宿泊需要が高まるため、早急に宿泊施設を増やす必要性が出てきます。したがって、ホテルなどの運営会社や民泊を推進する業者は、今後もオリンピックに向けて施設の増加によって業績の拡大が見込めると考えます。

そして交通関連株も建設関連株、宿泊・ホテル関連株に並んでオリンピック株として挙げられます。交通関連株としては、空港から都心を結ぶ鉄道会社がオリンピックの恩恵を受ける可能性が出ています。オリンピックに向けて、海外からの観光客が増えると移動手段としては鉄道が多く使われるようになってきます。したがって、都心の鉄道会社はオリンピックの影響で客数が増加する期待があると考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です